2005年08月31日

気になるあの子

私は毎日同じ時刻の、同じ車両の電車に乗って通勤しています。
そうしていると、やはり同じように、決まった時刻、車両に乗っている人を見かけるんですよね。
そうするとお互い名前も年齢も職業も住所もわからないのに顔見知りになっちゃったりするもんです。
たまに見かけないと、「あれ? 今日は休みなのかな?」みたいな。

事実、私が毎日乗る電車にも、そういう方が何人かいました。
激混みの電車の中、スポーツ紙を何重にも畳んで無理矢理読んでいる中年男性。
必ず座席に座って化粧にいそしみ、私が降りる頃には別人のような風貌をしている学生風の女の子。
斜に構えたように首をかしげて扉に寄りかかっている若いにーちゃん。
いつもムフームフーと鼻息荒く小説を読んでいるこっぱげ中年男性。お前いつも何読んでんだよ。
ていうかロクな顔見知りじゃねえな。


そんな中、私はいつもとある女の子を意識してました。
背は低くてちょっと勝ち気な顔立ち。年齢はたぶん20代前半ていう所でしょうか。
いつも同じ車両の座席に座って、静かに文庫本を読んでました。

やがて電車は主要乗り換え駅に到着します。
ちょうど私も彼女も乗り換えをするのですが、電車から降りる際、決まって私は彼女に行く先を譲ってました。



そう、私は彼女を忌避しているのです。

続きを読む
posted by カリフラワー・ジョー:芋場町の人 at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。