2006年03月29日

車関係の名前が予測に出る携帯

今時の携帯電話では「予測変換機能」というものがついているよね。例えば「ぼく」と打ち込んだら「僕」「僕は」「僕と」みたいに、使う人が何て打ち込みたいか予測して変換候補を出してくれる、とても便利な機能だ。
また変換候補で語句を選ぶと、更に先を予測して候補を出してもくれるね。
例えば

・「おは」と打ち込む→候補に「おはよう」などと出る
・「おはよう」を選ぶ→候補に「ございます」などと出る
・「ございます」を選ぶ→候補に「。」などと出る
・「。」を選ぶ

・・・という具合に、選ぶだけで一つの文章が出来上がることもあるね。
PCのキーボードと違ってキーが10個ちょっとしかない携帯電話にとって非常に便利だ。近い将来はこの予測変換でとてもグレイトな詞が書けるようになるんじゃないかと妄想を膨らませてしまうよ。
更に余談だけど「芋場町」を予測で変換することは出来なかった。とても残念だったけど、周囲からは「それは携帯電話が正しい」と言われてしまったよ。


さてそれはともかくとして、この予測変換に使われる辞書、これってある程度のガイドラインはあるんだろうけど、実際は作る人の趣味が多少なりとも混じってしまっているんじゃないのかな? という事象を発見したんだ。


続きを読む
posted by カリフラワー・ジョー:芋場町の人 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(1) | その他未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。