2005年09月09日

【.NET】カスタムコンポ登録覚え書き

いきなりですが、私はITベンチャー企業でソフトウェア開発をやってます。
今の案件はWindowsのVB.NETを使っているんですが、今日初めてGUIカスタムコンポーネントを作ったので、それの覚え書きを。

まずはカスタムコンポーネント用のプロジェクトの作成。
何はともあれガラが必要ですね。
プロジェクトはWindowsコンポーネントだったかな。手元にVS.NETがないのでウロ覚え。

で、次にカスタムコンポ用のクラスを作成。
今回はVS.NETっていうか.NET Framework1.1に標準で入っているTextBoxをベースにしたので、TextBoxを継承(Inherits)して作成。

Inheritsもそうだけど、新しいPropertyを作ったり、メソッドをOverloadしたりとか、その辺は普通に継承クラスを作るのとノリは同じ。

そしてビルド。


次に、その継承したGUIコンポを使う方のプロジェクトに登録を行います。

まずプロジェクトに対し「参照の追加」で、先ほど作成したカスタムコンポを登録。
参照ダイアログで作成されたdllを選択します。
が、GUIコンポはそれだけではFormに貼り付けられません。

次に「ツールボックス」ペイン(TextBoxとかButtonとかずらずら並んでいる所ね)を右クリックして「コンポーネントの追加」とかいったかな、とにかく何か追加するメニューを選んで、これまたダイアログで選ぶ。

今気づいた。これって「ペイン」という呼び方でいいのかな? ウィンドウ? ツールバー?
とりあえずここではペインと呼ぶことにします。

この時はdllを選ぶのではなく、コンポーネント名。チェックボックスがあったので、該当するコンポのチェックボックスをオンに。
するとツールボックスペインに作成されたコンポが現れます。

これで他のコンポーネント同様、GUI上で使用することが可能です、と。


余談ですが上記のうちコンポーネント登録の部分、SolutionもProjectもVSSに入れたのに、各ユーザも同じように登録しなきゃならんのですね。めんどくさー。


更に余談ですが現在手元にVS.NETがないのでウロ覚えです。
ISMS認証取得済みなので、職場じゃblog書けないのよー。当たり前だけど。
posted by カリフラワー・ジョー:芋場町の人 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ITデベロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6750903

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。