2005年11月10日

SonyがCDに組み込んだrootkitとは

ソニーが音楽CDに組み込んだ“Rootkit”とは何者か?
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/insiderseye/20051109rootkit/rootkit_01.html

ソニーBMGがコピー防止CDに組み込んだPC版音楽プレイヤーの中身について。
ライターが半分キレながら解説しております。
rootkitの細かい仕様は上記URL参照。
乱暴に言ってしまえば、ウィルス/ワームの隠れ蓑に使われたり、バックドアに使われたりするツールのことです。

# 余談ですが、「ソニーがウィルスを配布した」なんていうblogエントリも見つけてしまってワロタ
# ウィルスそのものは配布しておらず、ウィルスに悪用される恐れのあるコンポーネントを配布していた、ということです

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0511/03/news001.html

ただし上記URLの通りこの問題は対象されているようですが、そもそもこんなものをインストールさせようっていうこと自体が問題じゃないかと思ってます。
著作権保護っつーのはわかりますが、ユーザのPCに脅威の種を植えてまでして保護させようというのは如何なものかと。
posted by カリフラワー・ジョー:芋場町の人 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9186673

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。